マーチンゲール法のデメリットを克服してプレイするには

マーチンゲール法のデメリットを克服してプレイするには

マーチンゲール法はシンプルで誰でも気軽にできる攻略法です。
しかし、その反面デメリットも多く本格的にオンラインカジノをプレイしている方は敬遠している傾向にあります。

このようなマーチンゲール法をデメリットを少しでも軽減して利用するにはどのようにすればいいのでしょうか。
今回、マーチンゲール法のデメリットを克服しプレイする方法について紹介していきます。

マーチンゲール法のデメリットとは?

マーチンゲール法のデメリットとは、資金が必要なこと、まれに大負けすること、そして飽きることです。
マーチンゲール法は負けるたびベットする金額が増していきます。
そのため、最初は低額でも負けを繰り返すたびに雪だるま式に資金が必要になってしまうのです。
そうしているうちに資金力の限界がきて、マーチンゲール法が継続できないということもあります。

これが最初のデメリットです。

まれに大負けします。
どんなに負けていても最後に1回勝てば利益が出るマーチンゲール法ですが、資金力が尽きた時点で負けになります。
この負けた際の累計の損失額が非常に大きくなるということもデメリットとして挙げることができるでしょう。

最後は意外なデメリットとして飽きることが挙げられます。
マーチンゲール法は勝てるものの利益が出しにくく、繰り返し行う必要があります。
そのため、延々と同じゲームを繰り返すことも少なくありません。
こういった作業は時に苦痛でデメリットと言わざるを得ないのです。

これら以外にも多くのデメリットが挙げられますが、主なものとしてこの3つのデメリットが克服できれば、マーチンゲール法のデメリットは、かなり軽減されるでしょう。
それらについてどのような対応をすればいいかを紹介していきます。

資金力のデメリットは最初のベット金額で調整

資金力のデメリットは最初のベット金額で調整

マーチンゲール法の資金力のでデメリットは最初のベット金額で調整することである程度克服できます。
マーチンゲール法は、1ドルからできるベット法です。
そのため1ドルからベットして利用することで資金のデメリットを軽減できます。

1ドルであればよほど負けない限り、256ドル(約2万8千円)程度あればプレイできます。
場合によっては最低ベット金額がもっと安いゲームもあるので、そういったゲームを狙って行えば少額でもマーチンゲール法が実践できるでしょう。

また、若干効率が悪いものの他のゲームで稼いだ資金を使ってマーチンゲール法を行うのも手です。
ごくまれに起こる大負けを回避できれば、かなりの高確率で稼いだお金を運用して資産を増やすことができます。

これらの攻略法以外にも、あらかじめ無料ゲームでマーチンゲール法をプレイしてみて最低何ドル程度あれば良いかを自分で確認してみるというのも少ない資金でマーチンゲール法を行うための克服法と言えるでしょう。

マーチンゲール法は利益の設定と損切りの設定をしておくこと

マーチンゲール法は勝てるものの利益が少ないというデメリットがあります。
このデメリットを克服する方法としてあらかじめ利益の設定と損切りの設定をしておくことです。

マーチンゲール法は最初にベットした金額がおよその利益です。
この利益から、最終的に何ドル程度儲けたら終わりにするかを決めておきましょう。

例えば、1ドルベットでスタートする場合は、トータル50ドルの利益が出たら止めようといった設定をします。
するとマーチンゲール法50回分程度で切り止めることができます。
反対に損切りも設定しましょう。

マーチンゲール法はどんどんベット金額が増していき、支払い困難になるまでプレイしてしまう方がいます。
こういったケースでは莫大な損失を出してしまうため、冒頭のドラマや時代劇のような悲劇が起こるのです。
そういったことを回避するために、例えば32ドルまでベットしてダメならやめようといった形で設定してきます。
そうすることで損失を最小限に抑えることができるでしょう。

どんなギャンブルは引き際が肝心ですが、今回紹介しているマーチンゲール法も引き際が肝心です。
利益設定と損切り設定をあらかじめ行って臨むようにするのがおすすめのデメリット克服法です。

マーチンゲール法に飽きないよう様々なゲームをプレイ

マーチンゲール法に飽きないよう様々なゲームをプレイ

マーチンゲール法は同じゲームを何十回もすることが少なくありません。
そうなってくると、飽きっぽい方でなくとも飽きてきてしまいます。
こういったデメリットを回避する方法として同じ配当倍率2倍のゲームをプレイしていくのです。

例えばルーレットで飽きたらブラックジャック、ブラックジャックで飽きたら別の機種のルーレットというような形でプレイします。
そうすることで飽きがきにくく腰を据えてマーチンゲール法を実践することができるでしょう。

ただし、バカラなどは配当倍率が若干変わってくるので、マーチンゲール法が成り立たないケースもあります。
必ず2倍の配当が確実に得られるゲームを選んでプレイするようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です