資金管理が重要なマーチンゲール法

理論上では必勝の攻略法

理論上では必勝の攻略法

カジノには必勝法と呼ばれる賭け方が存在します。
その中の代表的なものの一つがマーチンゲール法で、オンラインカジノで実践することもできます。

理論上必ず勝てるのが特徴ですが、理論はあくまで理論であり、資金管理が重要なことに注意が必要です。
また、システム上の上限なども存在するため、メリットとデメリットを知った上で利用することが大切になります。

1回勝てばそれまでの負け分全てを取り返せる

マーチンゲール法の特徴となっているのが、1回でも勝てればそれまでどこまで負けても収支がプラスになる点です。
もちろん、理論上の話ではあるものの、シンプルでわかりやすいことから広く知られているカジノ必勝法の一つです。

選ぶのはルーレットの赤か黒など、当たる確率が半分で、勝てばベットの倍額受け取れるゲームになります。
1回に1ドルかけて負けても、2回目に2ドルかけて勝利すれば収支はプラスになるのがポイントです。
負けるたびにベット額を倍に、倍に増やしていき、勝つまで続けるのがマーチンゲール法です。

1度勝利した時点で必ず+1ドルのプラスがつくのが特徴になります。
勝てば今までの負け分を取り返せるのが魅力です。

使えるゲームは独立事象のゲームのみ

使えるゲームは独立事象のゲームのみ

マーチンゲール法は非常にシンプルな分、様々なゲームに応用できます。

ただし、紛らわしいゲームもあるため、ゲームが独立事象で成り立っているかは考える必要があります。
独立事象とは、ゲームの結果が次のゲームに影響しないもののことです。

例えば、トランプゲーム赤か黒かの二択になっても、トランプの山から連続してカードを出した場合は一度使われたカード分確率に差ができます。
連続して赤のカードが出続けた場合は、カードの山には黒のカードが多いことになり、確率が偏ります。
偏りが出た場合はマーチンゲール法に忠実に従うよりも、より確率が高い方に賭けた方が勝率があがります。

ルーレットのように毎回のゲームが独立しているゲームの赤や黒に賭け続けるなど、ひたすら同じパターンを続けるのに向いているのがマーチンゲール法なのです。

交互に色をかえていくなどアレンジもできるものの、ミスを減らすための工夫をすることも大切になってきます。
繰り返しかけ続けるとどうしても作業的になりがちで、慣れるとミスがおきやすくなるため、ミスを防ぐようにシンプルにするのも方法なのです。

資金が続くかが課題になってくる

マーチンゲール法を使えば理論的には必ず勝利できますが、勝てるまで軍資金が続くかは話が別になります。
勝てる確率がある一方で、負け続ける可能性も存在し、資金が尽きて賭け続けられなくなることも多いのです。

例えば、1ドルのベットから始めて負け続けた場合、8回目で128ドル賭けなければ元が取れない計算になります。
8回連続で負ける確率は約0.39%ですが、ゼロではありません。
1回の賭けに1万円以上かけなければならないと分かれば、リスクの大きさも分かるはずです。
11回目には1回の掛け金が1,000ドルを突破します。
負け続ける確率は0.05%になりますが、やはり負け続ける人もいます。

資金上の問題で続けられなくなる人は珍しくなく、マーチンゲール法の弱点にもなっているのです。
また、1回のベット金額に制限をかけていることは珍しくないため、最大ベット金額を超えた場合はマーチンゲール法自体が利用できなくなります。

理論上は必勝であっても、様々な障害があることから実践することが難しいのが現実です。

ルーレットも正確に50%の勝負ではない

ルーレットも正確に50%の勝負ではない

マーチンゲール法で多用されるのがルーレットですが、ルーレットで赤と黒になる確率は50%ではありません。
0や、00は赤でも黒でもないため、確率は高くて49%程度が目安になってしまうのです。
ほんの少しの確率の差であっても、負ける確率が高く設定されているのがカジノの基本です。

胴元が儲からなければ運営が立ち行かなくなるため、勝つためには運の要素が絡みます。
熱中しすぎて忘れてしまうとお金を失う元になるため、勝てない時は一歩引くなどの冷静さも必要になります。
マーチンゲール法を実践する場合も、1日で使える金額、あるいは週、月単位で予算を制限するのも方法です。

資金がゼロになっても負けること自体をストップすれば赤字が出続ける状態からは脱出できます。
こだわりすぎると資金力を超えることもあるため、無理をしないことが大切です。

理論上は必勝でも実践ができないのがマーチンゲール法

マーチンゲール法は理論上は必勝でも、実践できる人はほとんどいません。
資金が課題になるだけでなく、負け続ければ続けるメリットが薄くなる面もあるからです。

マーチンゲール法を改良した必勝法や、アレンジした必勝法も存在するため、手法の一つとして覚えた上で、執着しないのがおすすめです。

また、実践する場合は資金の上限を決めるなど、制限を決めおくと想定外のお金を失うリスクを減らせます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です